沖縄では、平御香(ひらうこう・ひらうこー)と言われる、6本が1平(ひとひら)になった線香が使われます。
※ただし地域によっては、沖縄で、内地線香と呼ばれる通常の線香を使う地域もあります

平御香(ひらうこう・ひらうこー)は沖縄独特の黒い板状の線香で5本の筋が入っており6本に分けられるようになっていて、一つを一平(ヒトヒラ※方言ではチュヒラ)といいいます。

用途により、半分に割って(3本)使ったり、二平(12本)をまとめて使ったりします。
12本は「十二支」を意味し、一平を二つに割った3本は、私自身からお供えしますという意味をもっており、天・地・人(自分)を表すといいます。

仏壇事の道具の関連記事
  • 仏壇へのうぶく
  • 仏壇の香炉のこと
  • 沖縄 仏壇 香炉
    仏壇の香炉の話
  • 平御香(ひらうこう・ひらうこー)について
おすすめの記事
仏壇
沖縄では家内安全、無病息災を願って、旧暦12月8日に月桃の葉で包んだ餅を蒸して作るムーチーを火の神(ヒヌカン)と仏壇にお供えします。 特に男...
その他の行事ごと
まずはヒヌカンにふちゃぎをお供えして手を合わせます。 線香などはいつもの12本と3本を3セットで、唱えるグイスもいつもと一緒で。 いつもの1...
仏壇
今日、1月7日は春の七草ですね。 もともとは中国の行事だということですが、この時期にしか食べられないものもあるので、4〜5年前くらいから我が...
火ぬ神
今日、11月14日は旧暦10月15日、ヒヌカンへのお供えの日ですね。 写真では白うぶく(普通の白いご飯)になっていますが、旧暦15日は赤うぶ...