沖縄では、平御香(ひらうこう・ひらうこー)と言われる、6本が1平(ひとひら)になった線香が使われます。
※ただし地域によっては、沖縄で、内地線香と呼ばれる通常の線香を使う地域もあります

平御香(ひらうこう・ひらうこー)は沖縄独特の黒い板状の線香で5本の筋が入っており6本に分けられるようになっていて、一つを一平(ヒトヒラ※方言ではチュヒラ)といいいます。

用途により、半分に割って(3本)使ったり、二平(12本)をまとめて使ったりします。
12本は「十二支」を意味し、一平を二つに割った3本は、私自身からお供えしますという意味をもっており、天・地・人(自分)を表すといいます。

仏壇事の道具の関連記事
  • 仏壇へのうぶく
  • 仏壇の香炉のこと
  • 沖縄 仏壇 香炉
    仏壇の香炉の話
  • 平御香(ひらうこう・ひらうこー)について
おすすめの記事
火ぬ神
今日、旧暦1月4日は旧暦12月24日のうがんぶとぅちに昇天したヒヌカンをお迎えするヒヌカンウンケーです。 基本的な考え方、やり方はうがんぶと...
火ぬ神
沖縄のヒヌカンを通して行う拝みのときによく聞く「ウチャヌク」って何だろう??というご質問をよく受けることがあります。 今日も旧暦の12月24...
仏壇
今年(2017年)の旧盆は9/3〜9/5までですが、9/1の金曜日からはスーパーは旧盆ムード一色です。 まずは写真は仏壇にお供えするお菓子コ...
旧正月
2015年2月19日は旧暦の1月1日、つまり旧正月です。 我が家では旧正月で正月を迎えるので、今日は朝から重箱をつくっていました。 出来上が...
仏壇
少しずつですが、仏壇の道具についてお話ししていこうと思います。 今日は「香炉」について。「香炉」は「こうろ」と読みます。 沖縄方言では「ウコ...
家系図
沖縄の仏壇事に欠かせない家系図。 その家系図を自分でつくってみませんか? 初めての人でも大丈夫!戸籍謄本や家譜などから少しずつたどっていきつ...