昔の沖縄、つまり琉球王国の時代、各家族の系図(けいず)または家譜(かふ)は首里城内の系図座(けいずざ)に提出され、厳しいチェックのあと、1冊は系図座に保管、1冊は各家族で保管とされ、5年に1度の仕次(しつぎ)と呼ばれる見直しを行い、厳重に管理されていました。

系図座に保管されていた家譜は主に、士族(しぞく)と呼ばれるエリート達のものが中心でした。
士族は首里・久米・那覇・泊の4つの地域に住み、家譜もこの4つの士族にわけられます。
その士族がどこの区分だったかというのを明記してあるものが氏集(うじしゅう)です。

調べたい先祖が、士族であれば、家系図を作る際の大きなヒントになるため、利用することが多いです。

写真は那覇市歴史博物館発行の氏集 (第5版 増補改訂版)

家系図の関連記事
  • 自分でつくる家系図〜導入編〜 in ペアーレ沖縄タピック(沖縄市)
  • 家系図調査
  • 【告知】自分でつくる家系図(講座)
  • 久しぶりに家系図の話を。
  • 氏集(うじしゅう)
おすすめの記事
旧正月
今日は旧暦1月1日、旧正月ですね。 私たちは旧正月を祝う地域なので、普段は昨日の年の夜(トゥシノヨルー)はソーキ汁を作って、旧正月は重箱を・...
火ぬ神
今日、11月29日は旧暦11月29日、ヒヌカンへのお供えの日ですね。 1日なので写真と同じ、白いご飯のうぶくですね。 毎月旧暦1日・15日の...
旧盆
今日は旧暦7月15日なのでヒヌカンにもお供えを。 本来は15日は赤うぶくですが、今回はお盆ということもあり、仏壇の朝ごはんにもしなければいけ...
旧盆
ナカヌヒーの今日は親戚周り。 お寺1件も含めて13箇所にお中元を持ってご挨拶に。 こういった横や縦のつながり、大切にしたいです。...
家系図
家系図調査のため、久米島に2泊3日で行ってきました。 沖縄の家系図は琉球王国時代の背景もあるので、その知識もフルに使います。 今回調査してい...
火ぬ神
先日の記事はこちらをクリック うがんぶとぅちのやり方はこちらをクリック 今日はうがんぶとぅちですね。 うがんぶとぅちとは、1年間でヒヌカンに...
沖縄の拝所
「琉球国由来記」によるとグスクの用水にも利用されていたそうです。 伊祖グスクとの関連から伊祖(イージュ)ガーという別名もあるそうです。...