沖縄の歴史と言えば、真っ先に思い出すのが首里城ではないでしょうか。

世界遺産でもある首里城は、何度も復元をされ、今に至っています。
首里城公式サイトはこちらをクリック

私たちは、沖縄の仏壇事をしていく上で、沖縄の歴史からの観点、地域からの言い伝え、口伝え、書物や文献からの情報などいくつもの情報を集めて、判断していく必要があると考えています。

まずはその一歩として、何度か首里城に通い、そして情報を集め、自分の目で見るということを繰り返していこうと考えています。

首里城復元の彫刻復元制作、そして下絵を書いているのが西村貞雄さんという方ですが、その下絵を見る機会が先日あり、とても感動しました。
西村貞男さんの紹介ページはこちらをクリック
様々な情報から、デザイン案を出して、形にしていく難しさを感じました。
それを仕事とはいえ、達成していくことができるのは、とても尊敬、です。

沖縄の歴史の関連記事
  • 首里城から沖縄の歴史をひもとく
おすすめの記事
沖縄の拝所
金城村の各家に水道がひかれる前は、この樋川が村ガーとして利用されていたそうです。...
火ぬ神
毎月旧暦1日・15日の火の神(ヒヌカン)への拝み 旧暦の1日と15日のヒヌカンへの拝みについては以前、記事にしましたが・・・。 今日は旧暦4...
仏壇
少しずつですが、仏壇の道具についてお話ししていこうと思います。 今日は「香炉」について。「香炉」は「こうろ」と読みます。 沖縄方言では「ウコ...
火ぬ神
旧暦の1日と15日は火の神(ヒヌカン)の拝みの日です。 これまでにも旧暦1日・15日の火の神(ヒヌカン)への拝みのやり方の記事は大人気でした...
家系図
沖縄の仏壇事に欠かせない家系図。 その家系図を自分でつくってみませんか? 初めての人でも大丈夫!戸籍謄本や家譜などから少しずつたどっていきつ...
家系図
昔の沖縄、つまり琉球王国の時代、各家族の系図(けいず)または家譜(かふ)は首里城内の系図座(けいずざ)に提出され、厳しいチェックのあと、1冊...