沖縄では、子供が産まれた時の行事ごとも独特なものがあります。
時々問い合わせがあるので、ちょっとまとめてみます。
 #ざっと書いていくので、今後、追記したバージョンも予定しています!

出産・・・子供が産まれると夫の母(産まれた子供から見ると祖母)はヒヌカンに子供が生まれた報告をします。無事に産まれた感謝と、家族になった紹介を花米(乾いたお米)とお酒などをお供えし、線香で報告をします。ヒヌカンへの報告が終わると、同じように、仏壇に線香をお供えして報告をします。
自宅での出産報告が終わると、村の拝所への報告になります。
産水を汲むために、地域の産川や村ガーに行き、お水を汲んできます。
その産水を使って、ウビナディをします。ウビナディとは、お椀などに入れた汲んできた産水に中指をつけて、赤ちゃんの額を3回なでて成長を願い、悪いものから守るというおまじないです。
その後、産湯(お風呂)に入れます。
昔は自宅での出産だったため、産湯は自宅でのお風呂ですが、近年では産院でのお産のため、産湯に入れるということができなくなっています。

生後7日・・・満産祝い(まんさんいわい)・・・産の忌み明けの儀礼と言われています。ヒヌカン、仏前、親族に命名を報告して子供の成長を祝います。地域によっては生後1か月、生後3か月で満産祝いを行うところもありますが、近年では、赤ちゃんの両親とその両親で行うことが多いようです。

生後1か月・・・初歩き(はちあっちー)・・・産後初めて、赤ちゃんを連れて外出する儀式。一般的には夫の実家に行き、直接ヒヌカンに報告し、その後、仏壇に報告。その後、妻の実家に行き、ヒヌカンと仏壇に報告をしてきます。

生後100日目・・・100日記念(ひゃくにちきねん)・・・お宮参りに行き、写真館などで記念写真を撮影します。

生後9か月と9日・・・ククヌカン・・・一生食べることに恵まれることを願い行う儀式ですが、現在ではほとんど行われておらず、具体的に何をするかというのがあまり伝わっていない。

満1歳・・・タンカーユーエー・・・1歳のお祝い。親戚や知り合いが集まり、お金やそろばんなどの道具を並べ、子供がどれを取るかによって、子供の性格や将来を占う儀式を行います。

  • 旧暦8月15日はふちゃぎをお供えします
  • 5月ウマチー(旧暦5月15日)2017
  • 旧暦12月8日 鬼餅(ムーチー)2017年1月5日
  • 冬至(トゥンジージューシー)
  • 5月ウマチー(旧暦5月15日)
  • 子供が産まれてから1歳までの行事ごと
おすすめの記事
家系図
昔の沖縄、つまり琉球王国の時代、各家族の系図(けいず)または家譜(かふ)は首里城内の系図座(けいずざ)に提出され、厳しいチェックのあと、1冊...
火ぬ神
今日、11月29日は旧暦11月29日、ヒヌカンへのお供えの日ですね。 1日なので写真と同じ、白いご飯のうぶくですね。 毎月旧暦1日・15日の...
家系図
家系図調査のため、久米島に2泊3日で行ってきました。 沖縄の家系図は琉球王国時代の背景もあるので、その知識もフルに使います。 今回調査してい...
その他の行事ごと
去年の5月ウマチーの記事はこちらをクリック 記事の内容も転記しておきます。 2017年の5月ウマチーは本日、6月9日金曜日です。 うちの門中...
重箱
沖縄の仏壇ごとや拝みごとには重箱が欠かせないと言われていますが、今日はその中でもお祝い用の重箱の話をします。 写真は1つの例ですが、沖縄の重...