「うぶく」というのは聞いたことはありますか?
ヒヌカンにはよくやるけど、仏壇にはやらない、という方も多いのですが、旧暦の1日と15日にはヒヌカンにうぶくをあげるのと一緒で、仏壇にもうぶくをお供えします。

↑上の写真がうぶくを入れる器です。
これが2つ、必要になります。
仏具やさんで購入することができますが、昨日紹介した香炉や湯飲みなどと同じ模様だと見た目もバッチリですよね。

旧暦の1日と15日には、ご飯を炊いたらまずはヒヌカンのうぶくを3つ、入れます。
そのあとに仏壇用の器にうぶくを3つ入れます。
ヒヌカンに手を合わせたら次は仏壇にうぶくをお供えして線香を15本(12本と3本)たてます。
写真の線香は15本が2組たててありますが、このときは夫婦2人で手を合わせたので、2組にしています。
置く場所は↓こんな感じでお茶の横が一番いいかな??と思っています。

写真にあるように、ご飯を器に盛って、こぼれないように、しゃもじで山を作るようにしておくのが理想ですね。

うぶくのご飯は、必ず炊きたてのご飯を、ヒヌカンのうぶくから入れて、仏壇のうぶくの順番で入れます。
旧暦1日は白いご飯ですが、旧暦15日は赤飯(または黒米で色をつけたご飯)でうぶくを作るのがヨシとされます。
1日は神様が天にのぼる日、15日はお迎えで嬉しいこと、お祝いごとなので、赤飯、という考え方だそうです。
もしも、できないときは白いご飯でもいいので、あまり気負わずに、ですね。

あと、1日15日に予定があって家にいなかった、忙しくてできなかったという場合は、翌日でもいいし、数日遅れてでもいいので、こういう理由でできなくて遅くなりましたが、1日(または15日)の拝みをします、とお伝えしてお供えしてください。
拝みごとは「事前」にはできないので、できないときは必ず「事後」で遅れた理由をお伝えするといいと思います。

仏壇, 仏壇事の道具の関連記事
  • 旧暦8月15日はふちゃぎをお供えします
  • 旧盆なう。その6
  • 旧盆前の沖縄のスーパーの様子
  • 仏壇へのうぶく
  • 仏壇の香炉のこと
  • 「仏壇は長男が継がないといけない?」
おすすめの記事
重箱
沖縄の仏壇ごとや拝みごとには重箱が欠かせないと言われていますが、今日はその中でもお祝い用の重箱の話をします。 写真は1つの例ですが、沖縄の重...
旧正月
2015年2月19日は旧暦の1月1日、つまり旧正月です。 我が家では旧正月で正月を迎えるので、今日は朝から重箱をつくっていました。 出来上が...
旧盆
ナカヌヒーの今日は親戚周り。 お寺1件も含めて13箇所にお中元を持ってご挨拶に。 こういった横や縦のつながり、大切にしたいです。...
家系図
昔の沖縄、つまり琉球王国の時代、各家族の系図(けいず)または家譜(かふ)は首里城内の系図座(けいずざ)に提出され、厳しいチェックのあと、1冊...