沖縄のヒヌカンを通して行う拝みのときによく聞く「ウチャヌク」って何だろう??というご質問をよく受けることがあります。

今日も旧暦の12月24日なので、屋敷拝みやうがんぶとぅちなどの行事を行うときにウチャヌクを用意していると思います。
ウチャヌクとは、お餅が3段重ねになったものが3つ、合計9個のお餅のことです。
3段重ねの一番下が大きく、上に行くにつれて小さくなっていく鏡餅のようなものの3段のお餅です。
柔らかいお餅で中には何も入っていないものが基本です。

今年のウチャヌクは写真のようなウチャヌクを買いました。
パッケージに「10コ入り」と買いてあるのは、屋敷拝みのときにヒヌカンに使ったウチャヌクの一番小さいお餅を新しいお餅に交換することで、「このウチャヌクはどの拝みにも使っていない新しいウチャヌクですよ」という意味の「うちげーし」のための予備の1個です。

この3段重ねの3つというのには様々な意味が含まれています。
今の世(いまぬゆー)、中の世(なかぬゆー)、 御先世(うさちのゆー)
太陽、星、月
天、地、龍宮(または自分)
父、母、子
などなど諸説ありますが、どれか1つという意味ではなく、すべての意味が含まれていると私たちは考えています。
神様にのみ、お供えするのがウチャヌクなので、餡が入っていたり、近年ではタンナファークルーなどのお菓子のウチャヌクがありますが、そういうものではなく、ウチャヌクは白いお餅で作られているものがウチャヌクとしての意味があると考えています。

今年は私もいろいろウチャヌクを見てまわりましたが、このウチャヌクが一番よさそうだったので購入しました。
もちろん自分で作ることもOKです。

ウチャヌクは今日のうがんぶとぅちが終わったら、美味しくいただいてください。
うちは現段階では屋敷拝みはやらずにうがんぶとぅちだけを行うようにしています。(これはいろいろな理由があるのですが簡単にいうと、今は私たちはまだ屋敷拝みをする時期ではない、と考えているので)

さて、このあと16時ごろからうがんぶとぅちをスタートします。

火ぬ神の関連記事
  • 旧暦1月4日 ヒヌカンウンケー
  • ウチャヌクって何?
  • 今日はうがんぶとぅちです
  • 旧暦12月24日、2018年は2月9日はうがんぶとぅち(ウガンブトゥチ)です
  • 旧暦12月1日はヒヌカン、仏壇にうぶくをお供えします
  • 旧暦8月15日はふちゃぎをお供えします
おすすめの記事
旧盆
夜の重箱と中味汁の下ごしらえ。 朝からガスコンロはフル稼働中!...
火ぬ神
旧暦の1日と15日は火の神(ヒヌカン)の拝みの日です。 これまでにも旧暦1日・15日の火の神(ヒヌカン)への拝みのやり方の記事は大人気でした...
家系図
あちらこちらでお話していると、家系図を作りたいという方は多くいらっしゃいます。 ただ、なかなか動いている方、動き続けている方がいらっしゃらな...
旧盆
今日は旧暦7月15日なのでヒヌカンにもお供えを。 本来は15日は赤うぶくですが、今回はお盆ということもあり、仏壇の朝ごはんにもしなければいけ...