沖縄では家内安全、無病息災を願って、旧暦12月8日に月桃の葉で包んだ餅を蒸して作るムーチーを火の神(ヒヌカン)と仏壇にお供えします。

特に男の子が生まれて初めてのムーチーは初ムーチー(ハチムーチー)と言って、大きなムーチーを作ったり、ムーチーを親戚などに配る風習があります。

写真は餅を月桃の葉で包んだもので、まだ蒸す前のものなので、緑の色が鮮やかですね。

毎年ムーチーの前になると、スーパーにはムーチーの材料が売られるのはもちろん、出来上がったムーチーも売られています。

おすすめの記事