【衝撃】墓からひつぎを盗んだ神人が逮捕

2021年2月1日、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20210201/5090013061.html?fbclid=IwAR11TCCbH5vLOBvuFh3EXQphmgu3A9EfTERy8ME6rKqBK2SSqW7mThL2oH0

本部町にある墓から石で出来たひつぎ=石棺2つを盗んだとして、83歳の霊媒師の女が逮捕されました。

調べに対し「勝手に取ったわけではない」と容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは那覇市の霊媒師、渡久地十美子容疑者(83)で、おととし6月23日、本部町にある墓から石棺2つを盗んだとして窃盗などの疑いが持たれています。

警察によりますと、渡久地容疑者は、60代の男性が所有する墓から知人2人とともに運び出したということで、その様子を現場にいた複数の人が目撃していたため、発覚したということです。

警察は渡久地容疑者から任意で事情を聞くなどして捜査を進め、1日、容疑が固まったことから、本部町にある御嶽を訪れていたところを逮捕しました。

調べに対し、「石棺を勝手に取ったわけではない」と容疑を否認しているということです。

警察は、渡久地容疑者とともに石棺を運び出した知人2人からも事情を聞くなどして、詳しいいきさつを調べることにしています。

NHK NEWS WEB

もうびっくりしました。
というのもこの渡久地十美子さんは、これまでに4冊の本も書いています。
中でも「祭祀のウソ・ホント?あなたの拝みは大丈夫?」は巷でよく話題にあがりました。

祭祀のウソ・ホント?あなたの拝みは大丈夫?

実は「上間 司」名義で書いた渡久地さんの本も存在します。

ニライカナイの風: 神・霊・生魂のスピリチュアル・メッセージ

尚円王妃宇喜也嘉の謎?ほんとうの琉球の歴史2

ほんとうの琉球の歴史 神人が聞いた真実の声 (角川フォレスタ)

警察の調べには「墓の神様がわたしを導いた」と話しているという続報が入ってきましたが、この理由もなんだかわかるような気がします。
渡久地さんは「神人」として自らを表現しますが、「神人」と「ユタ」は違うものだとお話ししています。
私には「違うだろうな」という感じはあるものの、それを説明できるだけの材料がないので、いつか聞いてみたいと思っていたのですが・・・。

個人的には墓の神様が導くまでに何かストーリーがあるのではないかと思うのですが、それを聞いてみたいなぁと興味があります。

・・・それにしても日本語で表現すると「霊媒師」になることにもびっくりしましたが。

動画でも解説してみましたので、ぜひこちらもあわせてチェックしてみてください。

おすすめの記事