旧盆が終わり、残るは「重箱」の中にある食材ですね・・・。

ごぼう、こんにゃく、三枚肉、田芋、天ぷら、揚げ豆腐、赤かまぼこ、カステラかまぼこ、昆布・・・。

よく質問があるので、今日は重箱の残りのリメイク方法をご紹介します。
基本的にはそのまま食べてもおいしい味付けにして重箱をつくることを心がけているので、うちではなかなか重箱が残るということはないのですが、他の家からいただいた重箱にはそんなことはできないですしね・・・。
そこでひと手間かけて工夫!ですね。

【赤かまぼこ&カステラかまぼこ】
シンプルに、フライパンに油をしいて、カリっと焼き上げます。
かまぼこを4等分くらいにカットするとおやつ感覚でぱくぱく食べてくれます!
それでダメならみじん切りにしてチャーハンの具に!
かまぼこはダメになりやすいので早めに冷凍庫にいれて冷凍してしまうのもおすすめです。
2週間後くらいにチャーハンに入れれば、「飽きた」という家族の感覚もうすれるのではないかと思います!

【ごぼう】
にんじんをプラスして、細切りにしてきんぴらごぼうにしてしまいます!
きんぴらごぼうには、ごぼう、にんじん、そしてひき肉(豚でも肉でも鶏でも合挽でもOK)を少しいれてきんぴらごぼうをつくると好評です!
きんぴらごぼうとして食べるのも良し、炊きたてのご飯にさっくりまぜて、きんぴらごぼうご飯にするのもよし。
きんぴらごぼうご飯にしておにぎりにするとすぐになくなってしまいます。
そして、きんぴらごぼうも冷凍保存ができるので、つくって保存しておくと、重宝します!

【昆布】
細かく切って、重箱の三枚肉、こんにゃく、プラスしいたけで、クーブイリチーをつくるのが一番おすすめです!
クーブイリチーもカップにいれて、冷凍保存が可能です。
お弁当のときなどにレンジであたためて食べるのもよし、かなり人気のメニューになります。
または、あたためて、沖縄そばの具として使うこともおすすめです!

【こんにゃく】
そのままあたためて食べるのがおすすめ。
または、昆布とプラスしてクーブイリチーにするのがおすすめ。

【三枚肉】
フライパンで油ナシでカリッと焼くと大人気!
チャーハンの具でもOKですね。
昆布とプラスしてクーブイリチーにするのがおすすめ。
または沖縄そばの具としてもばっちりですね。
これはどこの家でも人気なので残ることが少ないかも・・・?

【田芋】
カリッとあたためて砂糖醤油つけると大学いものようになっておすすめです!

【天ぷら】
天板にアルミホイルをしいて、オーブントースターでカリッとあたためます。
そうすることでいらない油は下に落ちるので、さらにカリッと。
天ぷらが生き返ります!

【揚げ豆腐】
豆腐は悪くなりやすいので、早めに冷蔵庫に入れるように心がけてください。
天板にアルミホイルをしいて、オーブントースターでカリッとあたためます。
かつおぶしを上にかけて、青ネギをのせ、しょうゆやポン酢をかけるとあっという間に厚揚げのできあがり!
居酒屋メニューのように大人気です!

ざっとご紹介しましたが、皆様のおすすめのリメイク方法も教えてくださいね!

重箱の関連記事
  • 旧盆なう。その6
  • 旧盆なう。その5
  • 旧正月
  • 重箱リメイクの記事の反響がスゴイ。そして重箱つくる途中の話。
  • 重箱の残りをリメイク・おいしく食べる方法
  • お祝い用 重箱
おすすめの記事
重箱
沖縄の仏壇ごとや拝みごとには重箱が欠かせないと言われていますが、今日はその中でもお祝い用の重箱の話をします。 写真は1つの例ですが、沖縄の重...
火ぬ神
今日、11月29日は旧暦11月29日、ヒヌカンへのお供えの日ですね。 1日なので写真と同じ、白いご飯のうぶくですね。 毎月旧暦1日・15日の...