家系図や仏壇や火の神、法事やお祝い事など、家庭を取り巻く、沖縄独特の文化。
地域や家庭によって違う部分があり、果たしてそれがどういう意味なのか、なぜそれをやっているのかがわからないまま「なんだか大変なこと」と思っている人が多いと感じてきました。
世の中では「簡素化を」という声も聞こえてきますが、あえて、家系図や仏壇事を見直し、その意味を知ることで何を簡素化し、何はしっかりやるべきかを自分たち家族の場合に当てはめて考え、情報をまとめて次につなげる勉強会があるのでお知らせします!
http://karisara.co.jp/?p=2634

詳細は上記ですが、仏壇事や家系図って継続して学んでいかないとなかなかすぐにはできないことだらけですよね。

お知らせの関連記事
  • 自分でつくる家系図〜導入編〜 in ペアーレ沖縄タピック(沖縄市)
  • 沖縄の家系図や仏壇事の勉強会を月1で開催
おすすめの記事
旧盆
旧盆初日のウンケー。 まずはお中元に名前を書いて準備するところから。 夫婦の場合、2人の名前を連名で書くのをオススメします。理由は、訪問先の...
旧正月
今日は旧暦1月1日、旧正月ですね。 私たちは旧正月を祝う地域なので、普段は昨日の年の夜(トゥシノヨルー)はソーキ汁を作って、旧正月は重箱を・...
火ぬ神
旧暦の1日と15日は火の神(ヒヌカン)の拝みの日です。 これまでにも旧暦1日・15日の火の神(ヒヌカン)への拝みのやり方の記事は大人気でした...