清明祭 シーミー

沖縄では、中国の行事の影響を大きくうけた行事が今でも残っています。
その1つが清明祭、通称「しーみー」です(首里地域など、地域によってはうしーみー、と言います)

春分を過ぎて、ゴールデンウィークの前までの間に、行われる墓参の行事になります。
一般的には、お墓の掃除をして、その前に重箱や果物、お菓子などを広げ、親戚一同でピクニックのように食べる行事です。

家庭によってさまざまなやり方がありますが、一例の写真を掲載しておきます。

お墓の関連記事
  • 2017年8月28日は旧暦の七夕です(お墓掃除をする日)
  • 神御清明・大清明祭(かみうしーみー・カミウシーミー)
  • 2016年の清明祭(せいめいさい、しーみー、シーミー)
  • 旧暦7月7日の七夕
  • 旧暦7月7日(七夕)はお墓掃除
  • 清明祭 シーミー
    清明祭(せいめいさい、しーみー、シーミー)
おすすめの記事
その他の行事ごと
まずはヒヌカンにふちゃぎをお供えして手を合わせます。 線香などはいつもの12本と3本を3セットで、唱えるグイスもいつもと一緒で。 いつもの1...
旧盆
旧盆初日のウンケー。 まずはお中元に名前を書いて準備するところから。 夫婦の場合、2人の名前を連名で書くのをオススメします。理由は、訪問先の...
その他の行事ごと
「ウマチー」とは方言で「御祭り」の事を言います。 旧暦の2月、3月、5月、6月の15日の前後に行われる行事です。 琉球王府時代の「麦稲四祭」...
旧盆
旧盆最終日は、3度の食事を出すこと、その際、夜は重箱料理で最高のおもてなしをして、その後、先祖をお送りするという1日です。 3食の料理はナカ...
火ぬ神
今日、11月14日は旧暦10月15日、ヒヌカンへのお供えの日ですね。 写真では白うぶく(普通の白いご飯)になっていますが、旧暦15日は赤うぶ...