清明祭 シーミー

沖縄では、中国の行事の影響を大きくうけた行事が今でも残っています。
その1つが清明祭、通称「しーみー」です(首里地域など、地域によってはうしーみー、と言います)

春分を過ぎて、ゴールデンウィークの前までの間に、行われる墓参の行事になります。
一般的には、お墓の掃除をして、その前に重箱や果物、お菓子などを広げ、親戚一同でピクニックのように食べる行事です。

家庭によってさまざまなやり方がありますが、一例の写真を掲載しておきます。

お墓の関連記事
  • 2017年8月28日は旧暦の七夕です(お墓掃除をする日)
  • 神御清明・大清明祭(かみうしーみー・カミウシーミー)
  • 2016年の清明祭(せいめいさい、しーみー、シーミー)
  • 旧暦7月7日の七夕
  • 旧暦7月7日(七夕)はお墓掃除
  • 清明祭 シーミー
    清明祭(せいめいさい、しーみー、シーミー)
おすすめの記事
火ぬ神
今日、旧暦12月24日はうがんぶとぅちですね。 どうやるの??というお問い合わせが多かったのでメモ書きとして。 線香は12本+3本を3組。3...
火ぬ神
毎月旧暦1日・15日の火の神(ヒヌカン)への拝み 旧暦の1日と15日のヒヌカンへの拝みについては以前、記事にしましたが・・・。 今日は旧暦4...
重箱
沖縄の仏壇ごとや拝みごとには重箱が欠かせないと言われていますが、今日はその中でもお祝い用の重箱の話をします。 写真は1つの例ですが、沖縄の重...