まずはヒヌカンにふちゃぎをお供えして手を合わせます。

線香などはいつもの12本と3本を3セットで、唱えるグイスもいつもと一緒で。
いつもの1日15日のやり方についてはこちらをクリック
ヒヌカンが終わったら、仏壇にもふちゃぎをお供え。

普段はそこにいる家族の分だけしか線香を立てないのですが、こういう行事ごとの時は一緒に住んでいない家族のぶんも一緒に立てます。

外は月が綺麗ですね。
ご先祖様たちも、同じ月を見上げてふちゃぎを食べていたのかもしれませんね。

  • 旧暦8月15日はふちゃぎをお供えします
  • 5月ウマチー(旧暦5月15日)2017
  • 旧暦12月8日 鬼餅(ムーチー)2017年1月5日
  • 冬至(トゥンジージューシー)
  • 5月ウマチー(旧暦5月15日)
  • 子供が産まれてから1歳までの行事ごと
おすすめの記事
火ぬ神
今日、11月29日は旧暦11月29日、ヒヌカンへのお供えの日ですね。 1日なので写真と同じ、白いご飯のうぶくですね。 毎月旧暦1日・15日の...
火ぬ神
沖縄のヒヌカンを通して行う拝みのときによく聞く「ウチャヌク」って何だろう??というご質問をよく受けることがあります。 今日も旧暦の12月24...
火ぬ神
今日、旧暦1月4日は旧暦12月24日のうがんぶとぅちに昇天したヒヌカンをお迎えするヒヌカンウンケーです。 基本的な考え方、やり方はうがんぶと...
仏壇
今日、1月7日は春の七草ですね。 もともとは中国の行事だということですが、この時期にしか食べられないものもあるので、4〜5年前くらいから我が...
家系図
沖縄の仏壇事に欠かせない家系図。 その家系図を自分でつくってみませんか? 初めての人でも大丈夫!戸籍謄本や家譜などから少しずつたどっていきつ...