まずはヒヌカンにふちゃぎをお供えして手を合わせます。

線香などはいつもの12本と3本を3セットで、唱えるグイスもいつもと一緒で。
いつもの1日15日のやり方についてはこちらをクリック
ヒヌカンが終わったら、仏壇にもふちゃぎをお供え。

普段はそこにいる家族の分だけしか線香を立てないのですが、こういう行事ごとの時は一緒に住んでいない家族のぶんも一緒に立てます。

外は月が綺麗ですね。
ご先祖様たちも、同じ月を見上げてふちゃぎを食べていたのかもしれませんね。

おすすめの記事