よくある質問で、ユタに頼まずに自分でヒヌカンを仕立てることは可能ですか?という質問があります。

答えからいうと、YES、です。
よく本屋さんに拝みの本などがあってヒヌカンの仕立て方がありますが、それを心を込めて、そして線香をしっかり燃やして、ゆったりとした気持ちで行うことがコツです。
慌ててすすめてしまうと、火の神様がゆっくり降りてくる前に、線香を消してしまうと降りられなくなるよ、と言われました。

私もヒヌカンを自分で仕立てました。
しっかり神様は降りてきていると教えていただいたのでやり方は間違っていなかったんだな、と思い、それから何名かのヒヌカンの仕立てのサポートをしてきました。

ヒヌカンは仏壇とセットというイメージで持つといいと思います。
よく家を建てたらヒヌカン、ということを聞きますが、旦那様がご長男の場合は、ご実家からのヒヌカンを仏壇とともに引き継ぐことになるので、別で仕立てる必要はないと考えています。

ヒヌカンの仕立て方もリクエストが多ければ、またご紹介させていただきます。

火ぬ神の関連記事
  • 旧暦1月4日 ヒヌカンウンケー
  • ウチャヌクって何?
  • 今日はうがんぶとぅちです
  • 旧暦12月24日、2018年は2月9日はうがんぶとぅち(ウガンブトゥチ)です
  • 旧暦12月1日はヒヌカン、仏壇にうぶくをお供えします
  • 旧暦8月15日はふちゃぎをお供えします
おすすめの記事
火ぬ神
旧暦の1日と15日は火の神(ヒヌカン)の拝みの日です。 これまでにも旧暦1日・15日の火の神(ヒヌカン)への拝みのやり方の記事は大人気でした...
その他の行事ごと
まずはヒヌカンにふちゃぎをお供えして手を合わせます。 線香などはいつもの12本と3本を3セットで、唱えるグイスもいつもと一緒で。 いつもの1...
仏壇
今年(2017年)の旧盆は9/3〜9/5までですが、9/1の金曜日からはスーパーは旧盆ムード一色です。 まずは写真は仏壇にお供えするお菓子コ...
火ぬ神
先日の記事はこちらをクリック うがんぶとぅちのやり方はこちらをクリック 今日はうがんぶとぅちですね。 うがんぶとぅちとは、1年間でヒヌカンに...