よくある質問で、ユタに頼まずに自分でヒヌカンを仕立てることは可能ですか?という質問があります。

答えからいうと、YES、です。
よく本屋さんに拝みの本などがあってヒヌカンの仕立て方がありますが、それを心を込めて、そして線香をしっかり燃やして、ゆったりとした気持ちで行うことがコツです。
慌ててすすめてしまうと、火の神様がゆっくり降りてくる前に、線香を消してしまうと降りられなくなるよ、と言われました。

私もヒヌカンを自分で仕立てました。
しっかり神様は降りてきていると教えていただいたのでやり方は間違っていなかったんだな、と思い、それから何名かのヒヌカンの仕立てのサポートをしてきました。

ヒヌカンは仏壇とセットというイメージで持つといいと思います。
よく家を建てたらヒヌカン、ということを聞きますが、旦那様がご長男の場合は、ご実家からのヒヌカンを仏壇とともに引き継ぐことになるので、別で仕立てる必要はないと考えています。

ヒヌカンの仕立て方もリクエストが多ければ、またご紹介させていただきます。

コメント一覧
  1. 平良美加子 より:

    2015年12月14日火ぬ神を買いました。どのように仕立てたらいいですか?

    • 管理者 より:

      平良さん>コメントが遅くなって申し訳ありません。
      すでに、仕立てて落ち着いている頃でしょうか?
      私の場合は夫実家からの火ぬ神を引き継ぐかたちで仕立てました。
      記事にもありますが、本屋さんで、ヒヌカンの仕立て方が乗った本があるので、それに沿って心を込めて、ゆったりとした気持ちで、というのが基本です。
      手順は実家のヒヌカンからの引き継ぎかどうか、まったく新しく仕立てるのか、などによって若干変わってくるので、そこは個々人の状況と道理を考えて対応しています。
      ざっとした手順ですが
      ・ヒヌカンのセット(仏具屋で売ってます)を購入する(神棚の道具とごっちゃにならないように注意)
      ・ヒヌカンを仕立てる日を決める(行事のある日、家族の生まれ干支の日などは避けて、大安を選びました)
      ・前日までに塩水で洗ったヒヌカンのセットを準備しておく
      ・実家に行き、ヒヌカンを移すことを報告、線香を立てて、半分くらい燃えるまでグイスを唱え、線香にヒヌカンの神様に移ってくださいという拝みをする
      ・半分燃えたらヒヌカンのお酒で火を消して、折れないように大切にアルミホイルなどに線香を包む
      ・香炉の下の方から、スプーン3回分ほどの灰を取り、茶碗などに入れてこぼれないようにラップなどをかける
      ・実家のヒヌカンを片付ける
      ・移動先に戻り、ヒヌカンの準備をして新しい灰を入れたりセットする
      ・持ってきた灰を一緒に入れる。持ってきた線香に火をつけて、新しい香炉に移ってくださいと伝えてグイスを唱える
      ・線香が燃えたら、新しく線香を立てて、お礼と終わった報告をする
      という感じでした。
      まったく新しくヒヌカンを建てる時は、地域のムラガミやヒヌカンに行くという方法もあります。
      遅くなりましたが少しでも参考になれば・・・。

  2. 上原まいこ より:

    二年前に結婚し、主人(長男)の実家に嫁いでから仏壇と火の神の拝み事を私がしているのですが、最近ユタの方に、火の神と床の間の引き継ぎをちゃんとしたか??みたいな事を言われました。

    正しいやり方があれば教えてもらいたいです。
    ちなみに、主人の両親は他界していて、周りにもわかる方がいません。

    宜しくお願いします。

    • 管理者 より:

      上原さん>コメントが遅くなって申し訳ありません。
      そのユタさんがどこまでをみれる方なのかは存知あげませんが、一般的に、ということでお話させていただきます。
      現在はご主人のご両親は他界していて、そのヒヌカンと仏壇を長男のお嫁さんである上原さんと見ている、ということですね。
      引き継ぎというのは、おそらく「報告」だと思われます。
      要は、非有間や床の間、仏壇に、ご両親が亡くなったので、長男夫婦が今後引き継いでいきますよ、という案内(挨拶)をしなければいけないと考えます。
      まずはヒヌカンからですが、1日や15日にうぶくをあげるときでもいいので、ご両親のお名前、干支、その長男の・・・(旦那さまのお名前と干支)、その妻、(上原さんのお父様の名前と干支、上原さんのお母さんのお名前と干支)その長女の・・・(ご自身のお名前と干支)、もしお子様がいればお子様の続柄と干支をお伝えし、夫の両親の・・と・・が亡くなったため、私たち夫婦・・と・・がヒヌカンを引き継ぎさせていただきます。という報告をしてください。
      仏壇にも床の間(があれば)にも同じように報告をします。
      できれば、地域のムラガミやヒヌカン、ウブガーにも報告に行くといいと思います。
      私がわかる限りはお伝えできますが、例えばやり方が間違っていたとしても、「想い」があればちゃんと伝わりますので、「やり方が間違っているかもしれませんが、一生懸命やっていますので、もし間違っていたらお許しください」と付け加えるといいと思います。
      長男の嫁は大変ですが、楽しんでやることが一番のコツだと思います。

  3. 池原美幸 より:

    12年前に結婚して1度もヒヌカンをした事がありません。旦那は、三男だったからなのか両家の親からもヒヌカンしなさいとか言われた事が無かったんですが今からヒヌカンをしても大丈夫ですか?ちなみに、現在は離婚をして男の子2人との3人家族のアパート暮らしになります。

    • 管理者 より:

      池原さん>コメントありがとうございます。
      ヒヌカンは基本的には仏壇とセットと考えるといいと思います。
      なので、元旦那様が三男だったということで、持つべき仏壇はないと思います。(その家庭によっては、三男でも持つべき仏壇があるのでその際にはヒヌカンをたてることをします)
      。元旦那様が三男ということで理解しましたが、間違っていたら教えてください。
      ヒヌカンは仏壇がないのであれば特に立てる必要はないと思います。
      もし拝みをするために、ということであれば、太陽に向かって拝みをすれば大丈夫だと思います。

  4. 平良みか より:

    旦那の両親が老人ホームに入居するので実家にあるヒヌカンを長男に引き続きたいのですが、手順を教えて下さい

    • 管理者 より:

      平良さん>コメントありがとうございます。
      説明がちょっと長くなるので、わかりやすいようにまとめて、今週末日曜日までには再度コメントさせていただきますね!

      • 管理者 より:

        平良さん>遅くなりましたが、私がわかる限りでお話しさせていただきます。
        まず、旦那様のご実家(ご両親が住んでいるところ)と、ご長男さん(旦那様?)が住んでいるところが別ということでお話進めます。(違っていたら教えてください)

        まず、ご実家にあるヒヌカンのお酒やチャーギ、お水などをすべて交換し、12本と3本の3セットのヒラウコーを立てて、新暦、旧暦、ご実家の住所、旦那様のお父さんのお名前、干支、旦那様のお母さんのお名前、干支、長男●●(旦那様のお名前)と干支、平良さんのお父さんのお名前、干支、平良さんのお母さんのお名前、干支、長女●●(平良さんの続柄とお名前)と干支、もし旦那様に兄弟がいるのであれば、同じように、続柄とお名前、干支を言います。
        ●●(旦那様のお父さんのお名前)と●●(旦那様のお母さんのお名前)が高齢で老人ホームに入居するので、ヒヌカンを見れないため、長男の●●が引き継がせていただきます。
        これから住所(・・・・市・・・・番地)に引っ越しをしますので、どうぞよろしくお願いします。
        また、勉強不足でできていない部分もあるかと思いますが、心を込めてお引越しさせていただきます。

        とお話します。もちろん、その他のことや細かい状況などをお伝えする言葉を添えてもOKです。

        それから、全部の線香が燃えたら、3本の線香に火をつけて、これから引越しをしますので、火の神様はこちらの線香にうつっておいてください。とお伝えして、線香が半分くらいまで燃えるのを待ちます。
        それから半分くらい燃えたら、これから引越しをします、とお伝えして、線香を抜き、ヒヌカンとは別で用意したお酒で線香の火を消します。
        この線香は引越し後にまた使いますので、折れないように大切にアルミホイルなどに包んでおいてください。

        香炉が熱くなっていると思うので、それを冷めるのを待ちながら、引越しの準備をします。
        お盆などにヒヌカン道具一式を乗せて引越しをしますので、花瓶、水、酒、米、塩などが入っている器から中身をこぼして、綺麗に洗って拭いてお盆に寝かせたり、おいたりします。
        冷めた香炉にアルミホイルなどで灰がこぼれないように蓋をして、お盆の上におきます。
        先ほど、アルミホイルに包んだ線香も一緒においてすべて1つのお盆で運びましょう。
        お盆の上においたら、サランラップでぐるぐる巻きにして、香炉や器などが動かないように固定しましょう。

        それを新しいヒヌカンの主である旦那様が持ち、そのまま車に乗り、移動します(車移動じゃなければ、そのまま歩いて移動します)この時、香炉をシートの上においたり、どこかにおいたりせず、ずっと持ったままになります。
        場所が遠い時には、別の人が預かって持ち、トイレなどにいくようにしますが、なるべく旦那様がお持ちになってください。

        新しい家についたら、サランラップを外したり、アルミホイルを外してお水や酒などを入れて、ヒヌカンに配置します。
        それから先ほど途中で消した線香に火をつけて、先ほどと同じことをお伝えして、引越しが無事完了したこと、これから宜しくお願いしますなどをお伝えします。

        これでヒヌカンの引越しは終了なのですが、できれば、現在の持ち主(旦那様のお父さん、お母さん)も一緒に移動を行うと良いと思います。
        上記、なるべくわかりやすく説明したつもりですが、わからない部分があればまたコメントください。
        無事にお引越しできますように。

コメントを残す

火ぬ神の関連記事
おすすめの記事